家庭教師の採用基準は会社によって異なります。東大生のような高学歴の人材を最優先して採用するという会社もあれば、通っている大学や学歴よりも人間性を重視する会社もあります。また、指導するためのスキルが備わっているか、他人とコミュニケーションを円滑にとれるかどうかなどをチェックする会社もありますからまさに千差万別と言えるでしょう。「東大生だからどこでも採用されるだろう」とたかをくくっているとあっさり落とされてしまうこともありますから注意が必要です。

先ほどもお伝えしたように、採用基準というのは会社によって異なりますし、その基準を公開しているような企業は少ないです。なぜ採用されなかったかということについては問い合わせをしても答えてくれないことがほとんどですから、採用されなかった場合には諦めて次を探すか、期間を空けて再度チャレンジしてみるしかありません。東大生の場合学力面ではほぼ問題がないと考えられますから、不採用となった原因はほかにあると考えられます。もしかしたら働きたい時間帯に空きがないという可能性もあります。いずれにせよ、不採用となったときは引きずらずに早めに気持ちを切り替えて別のところを探してみましょう。