アルバイトの掛け持ちをしたい、と考えてしまう方もいるかもしれませんが、掛け持ちを許可しているかどうかは会社によって対応が異なります。しかし、基本的にアルバイトだとそこまで就業規則に縛られることもないと思いますし、それほど神経質になって考える必要はないでしょう。気になる方は事前に質問のメールなどを送ってみると良いかもしれません。もちろん、会社によってはライバルとなる会社で家庭教師として働くことを禁じていたりすることも考えられますが、こうしたケースは稀ではないでしょうか。

掛け持ちでアルバイトする際の注意点としては、あまり体力的にツラいバイトを掛け持ちしないということが挙げられます。体力的に負担の大きなアルバイトと掛け持ちしてしまうと、疲れてしまい生徒に正しい指導ができない可能性もあります。生徒への指導中にうっかり居眠りしそうになることも考えられますし、集中力が保てないかもしれません。いずれにせよ授業のクオリティが下がってしまうことが考えられますし、その被害を受けるのは生徒だということを覚えておきましょう。掛け持ちで働くのなら家庭教師のアルバイトに支障をきたさないような仕事を選ぶことが大切です。