東大生の家庭教師に対する待遇ですが、これも家庭教師を派遣する企業によってまちまちです。東大生だからといって極端に高い時給を設定してしまうと他の教師からクレームが入る可能性もありますから、あからさまな高待遇を東大生に提示することは少ないのではないでしょうか。多少の時給の違いはあるかもしれませんが、過度に東大生を優遇した体制を整えているところは少ないというのが現実です。待遇については会社によってさまざまですから、気になる方は求人に応募する前に募集要項にしっかりと目を通しておきましょう。

ほとんどの場合待遇面や条件については募集要項に記載されていると思いますが、中には詳しいことを記載していないこともあります。こうしたケースだと面接を受けてみないことには分かりませんから、とりあえず面接だけでも受けてみてはいかがでしょうか。書類選考がある会社だとまず書類審査を通過する必要がありますが、そこをクリアできれば次は面接となります。面接時には給与面に関する疑問はもちろん、シフトや詳細な業務についてもしっかりとチェックしておきましょう。特に、業務内容は会社によって本当にまちまちですからしっかりと確認しておきましょう。