東大生の家庭教師のやりがいですが、これは人によって感じ方が異なるのではないでしょうか。やりがい云々ではなくとにかくお金のために働いているという方もいますし、指導を通じて自分自身もスキルアップしたいという方、生徒と一緒に喜びを分かち合いたいという方もいます。そのため、一概に家庭教師という職に対してやりがいが抱けるかどうかと問われると断言することはできません。しかし、東大生の家庭教師は時給が高いことも多いですし、収入面のことだけを考えたとしてもやりがいは大きいと言えるのではないでしょうか。

自分の指導している生徒が目指している志望校へ合格したとなると喜びもひとしおなのではないでしょうか。実際、家庭教師として働いている方の中には生徒が志望校に受かった時に喜びを共有できるからという理由で働いている方もいます。最初は学力が低かったのに、指導していくたびに学力が伸びやがて希望する学校に合格した、となると指導してきた甲斐もあるというものです。また、家庭教師のようにマンツーマンで指導を行うからこそよりその喜びは大きくなるのではないでしょうか。こうした面を見ても、やはり家庭教師という職はやりがいが大きいと言えるでしょう。