日本の最高峰と言われる東大に入るためには一つのジャンルに特化した知識や教養があってもあまり意味がありません。いわゆる五教科はもちろん、その学部に受かるために必要な専門的な知識も必要となります。つまり、総合的にハイレベルな学力が要求されるのが東大なのです。そのため、生徒の希望するあらゆるニーズに対応することが可能となりますし、一人一人の志望校に合わせた高度な指導も可能となります。トータルで幅広い学力を有する東大生の家庭教師だからこそ、生徒の希望にマッチした最適な指導を提供することが可能となるのです。

学力にばらつきが少ないため、指導を受ける側にとってもメリットが大きいですし、家庭教師を派遣する企業側としても利用者の信頼を得ることが可能となります。まさに双方にとってウィンウィンとなる関係を築けると言っても良いでしょう。こうした背景から東大生の家庭教師は需要が高いですし、指導してもらいたいという生徒、保護者は大勢います。志望する学校に合わせた指導を受けたいというのは当然のことですし、それには東大生の家庭教師がもっとも適しているという方は多いのです。もちろん、その信頼に応えるべく一人一人にマッチした指導も考えなくてはなりません。