東大生の家庭教師に求められるのは何より高い学力です。そのためにわざわざ東大生の家庭教師を派遣している会社にお願いしているという家庭もありますし、よりハイクオリティな指導をしてもらうために東大生の家庭教師に指導してもらいたいと考えている生徒、保護者も大勢います。また、東大に進学するくらいの人物ですから学力が高いのはもちろんのこと、多くの生徒や保護者は分かりやすい指導を求めているのも事実です。いくら学力が高くても指導するスキルが少なくては意味がありませんから、高度な学力と指導力を求めているケースが多いのです。

いくら東大に入れるくらいの学力を有していても、教えるのがヘタだとあまり意味がありません。しかし、実際には他人に指導するのが苦手、分かりやすく教えることができないという方は少なくないのです。それでも多くの家庭では「東大生に教えてもらっているから安心できる」と考えています。学力の高さと指導力が比例しないにも関わらずです。そのため、子供の成績が思ったように伸びないと時には苦情が入ってしまうということもありますから、やはり指導力は重要な要素となります。いかに分かりやすく教えられるかを考えなくてはいけません。