東大という肩書と学力を活かして家庭教師のアルバイトを始めたけど、教材のセールスのようなことまでやらされる羽目になってしまった・・・という方も中にはいるのではないでしょうか。現在では国内に数多くの家庭教師の派遣会社が存在しますし、中には生徒の学力を向上させることより自社の利益のみを追求するような企業も存在します。そのような企業だと家庭教師一人一人にセールスノルマを課し、自社の教材などを販売することを強いることもあるため注意しましょう。

こうした会社は少ないとは思いますが、実際にそういう企業が存在するのも事実です。このような企業の場合、東大生というステータスや学力ではなく営業力の高い人材を求めていることも少なくありません。もし、自分自身に営業力やセールス力があると自覚しているのならそれも良いですが、東大生ならではの学力や教養を活かして生徒の指導を行いたいという方だとあまり向いていないでしょう。あらかじめ働き始める家庭教師の派遣企業には事前に確認しておくことをおススメします。また、教材の販売ノルマはなくても生徒に教材などをおススメするように言われることもありますから、そこも事前にチェックしておくと良いかもしれません。