東大生だからといってすべての学生がコミュニケーション、トークスキルに長けているわけではありません。逆に、中学校高校と勉強ばかりしてきたため他人とのコミュニケーションをとるのが苦手という方も少なくないのです。家庭教師は生徒とマンツーマンで指導を行いますから、それなりにコミュニケーション、トークスキルも必要となってきます。不要なことをペラペラと喋る必要はありませんが、生徒の緊張をほぐしたりモチベーションを高めてあげるためにアドバイスをしたり、そうしたことも必要となってくるのです。

時には生徒の不安や悩みについて相談を受けることもあるかもしれませんし、もっと分かりやすく教えてほしいと言われるかもしれません。こうしたケースにも柔軟に対応できなくては家庭教師として働くことは難しいかもしれません。もちろん、これは家庭教師を派遣する会社によって考え方は異なりますが、やはり多少のコミュニケーションスキルは身に付けておいた方が良いでしょう。勉強を分かりやすく教えてあげられるのはもちろん、生徒のモチベーションを高めてやる気を維持させられるくらいのトークスキルもあれば生徒とより良い関係も築けるのではないでしょうか。