年齢層にマッチした教え方も家庭教師に求められるスキルではないでしょうか。東大生なら高い学力や教養も身に付けていると思いますが、それだけでできるほど家庭教師という仕事は簡単なものではありません。指導する生徒が高校生ならそれなりに会話も弾むと思いますし、自分自身最近まで似たような勉強をしてきたはずですから教えやすいでしょう。しかし、生徒が小学生や中学生になるとまた話は変わってきます。この年齢層の子供は多感な時期でもありますし、教え方一つ取っても繊細な対応が必要となってきます。

家庭教師を派遣している企業の多くは指導したい年齢層を選べるようになっていますが、稀にバラバラなこともあります。今日は高校生の指導だけど明日は小学生、ということもあるのです。こうなると当然学習プランも一人一人綿密に組み立てる必要がありますし、指導方法についても工夫しなくてはなりません。どうしても小学生に教えるのは自信がない!という方は中学生以上の生徒のみを担当できるような会社を選ぶ必要があります。家庭教師を派遣している企業の公式ウェブサイトに募集要項が記載されているのなら、そこに指導する生徒の年齢層なども記載されているはずですからチェックしてみましょう。